Keisuke Sagiyama Official Site

映像作家 鷺山啓輔の公式サイト



Art Center Ongoing の10年間のドキュメント本を制作したい!CAMPFIREにて。

Category : information 12月 23rd, 2017

長年お世話になっておりますArt Center Ongoing。吉祥寺にオープンしてから10年間の活動を集約したドキュメント本の制作のクラウドファウンディングをCAMPFIREにて実施中です。プロジェクト支援のリターンとして本を入れるためのオリジナルBOXづくりの機会を頂きました。2017年、ベストな1枚は『牯嶺街少年殺人事件』。2018年、ベストな1冊は『Ongoing10th本』か?ん〜これは欲しい。新年1月28日まで!皆様からのご支援、心よりお待ちしております。

詳細情報はこちらから
https://camp-fire.jp/projects/view/55990

https://camp-fire.jp/projects/view/55990


オリジナルBOX(鷺山啓輔)

以下代表の小川さんのご挨拶より

はじめまして。私はArt Center Ongoing代表の小川希と申します。今回のクラウドファウンディングにあたり、まずこのアートスペースの成り立ちについて少し説明をさせてください。どうぞよろしくお願いします。

10年前に私がこのスペースを立ち上げた際、東京でまだ無名の作家が公に向けて作品を発表するとすれば、貸しギャラリーに10〜20万円を払って1週間展示をするといった方法しかありませんでした。ただ、そうして個展を開催したとしても、来てくれるのは友達か親類だけということがほとんど。私はそうした状況をどうにか変えたかった。アートを通じ、もっとたくさんの人々が出会い、自身の物の見方や考え方や生活をリフレッシュできる、そんな場所が欲しいとずっと思っていたからです。そこで立ち上げたのがArt Center Ongoingです。

Ongoingとは現在進行形の意味を持つ言葉ですが、あえてArt Center と名付けたのは、アートを中心として様々な人が集えるようなそんな場所になったらいいという想いからです。Ongoingは作家に無償で展示場所を提供し、入場料とカフェの売り上げのみで運営されています。当然のことながら、そうした収入だけで場所を維持していくことは簡単ではありません。そのため毎週末にイベントを行い沢山の人に来ていただく必要があり、気がつけばそうした運営を10年もの間休むことなく続けてきました。ただ、そんな常識外れの運営方法でもスペースを維持することができたのは、アーティストをはじめ、ここに集ってくれた沢山の方々のおかげだと今改めて思っています。

今回、10年間の活動を振り返るドキュメント本を制作したいと思ったのは、この場所を支えてきてくれた様々な方への感謝の気持ちが大きな原動力となっています。また本プロジェクトを支援していただける皆様には、東京の吉祥寺の小さなスペースに、10年間もの間蓄積されてきた、新しい表現を模索する様々な実験や強い想いを、このドキュメント本を通じてお届けできたらと思っています。

「ハイブリッド映像論2.0」東京上映!

Category : information 10月 20th, 2017

台風がじわじわ近づいてくる夜長、直近のお知らせ失礼致します。奥能登で封切りされた「ハイブリッド映像論2.0」が早速東京上陸。Art Center Ongoingにて明日土曜日夜上映されます。タイミング合いましたら是非!

以下ご案内
http://www.ongoing.jp/ja/artcenter/gallery/index.php?itemid=573

Ongoing Collectiveプレゼンツ

「ハイブリッド映像論2.0」

10月21日(土) 19:00〜


 
会場:Art Center Ongoing(東京・吉祥寺)

奥能登国際芸術祭で上映された幻の映像プログラムが早くも東京になぐりこみ!!
前回を見逃した方、この機会にぜひ!!

*参加作家*
有賀慎吾(映像)× 青木真莉子(キュレーター)
飯川雄大(映像)× タコ(キュレーター)
うらあやか(映像)× 地主麻衣子(キュレーター)
多田佳那子(映像)× 高橋祐基(キュレーター※多田推薦)
和田昌宏(映像)× 山下拓也(キュレーター)
村田峰紀(映像)× 斎藤春佳(キュレーター)
鷺山啓輔(映像)× 高木花文(キュレーター)
二藤建人(映像)× 高橋大輔(キュレーター)
早川真奈(映像)× 江藤佑一(キュレーター)
大木裕之(映像)× 阿部葉子(キュレーター)

時間:19:00スタート
入場料:1000円(軽食、ワンドリンク付き ※軽食は上映終了後)

上映終了後、インドネシアからやってきたOngoing AIR、24人目のアーティストRakhmad Dwi Septian、ニックネームは”kuro”のウェルカムパーティーを開催します。こちらも合わせてご参加ください!!!

「ハイブリッド映像論2.0」奥能登国際芸術祭にて開催!

Category : information 10月 2nd, 2017

少し涼しくなった夜長、シャトー2Fで開催中の『マドレーヌ』パフォーマンス、回を重ねる毎に姿を変えております。進化なのか、深化なのか、泰然自若なのか。残すところ10月7日、8日の土日2回の公演となりました。ぜひお見逃しなく!と、もう一つ告知となります。奥能登国際芸術祭にてOngoing Collectiveの『ハイブリッド映像論』が開催されます。今回は、新作ドキュメンタリー!?を出品しております。キュレーターの高木花文さんのテキストは勿論、取材のきっかけとなったサイトである中田一会さんの『家を継ぎ接ぐ』も必見!進行中です。https://tghgie.wordpress.com

以下「マドレーヌ」ご案内
http://natalie.mu/stage/gallery/show/news_id/246461/image_id/839377

以下「ハイブリッド映像論」ご案内

http://oku-noto.jp/news/2017/09/22-ongoing-collective02.html

『ハイブリッド映像論2.0』 を開催します!

日時 | 2017年10月8日(日)17:30スタート(17:00開場)※約2時間のイベントです
開場 | 旧小泊小学校体育館(奥能登口伝資料館 隣)
料金 | 無料

『奥能登口伝資料館』を発表しているOngoing Collectiveが、2017年10月8日(日)に1夜限りのスペシャルな映像祭『ハイブリッド映像論2.0』を開催します。
Ongoing Collectiveは、東京・吉祥寺にて結成された、現代美術作家、映像作家、画家、写真家、彫刻家、パフォーマー、ミュージシャン、キュレーター等、全46人からなるアーティスト集団。本イベントでは、コレクティブメンバーがキュレーターと映像作家にわかれタッグを組み、新作映像作品を制作。当日は、全10本のハイブリッド=異種混合の映像作品を一挙公開します。今回のテーマは「光」。
上映の前には村田峰紀によるスペシャルパフォーマンスも開催。アートと映像が出会って起きるハイブリッドな事件をぜひ目撃してください。

【参加メンバー】
有賀慎吾(映像)× 青木真莉子(キュレーター)
飯川雄大(映像)× タコ(キュレーター)
うらあやか(映像)× 地主麻衣子(キュレーター)
多田佳那子(映像)× 高橋祐基(キュレーター※多田推薦)
和田昌宏(映像)× 山下拓也(キュレーター)
村田峰紀(映像)× 斎藤春佳(キュレーター)
鷺山啓輔(映像)× 高木花文(キュレーター)
二藤建人(映像)× 高橋大輔(キュレーター)
早川真奈(映像)× 江藤佑一(キュレーター)
大木裕之(映像)× 阿部葉子(キュレーター)

オープニングパフォーマンス
村田峰紀

http://ongoingcollective.jp

即興舞踊詩劇「マドレーヌ」がシャトー2Fにて開催、映像担当します。

Category : information 9月 12th, 2017

体に生ぬるくのしかかる湿気、吹き荒れる突風、奇妙な雲模様、イベントのご案内です。武蔵小金井のアートスポット、シャトー2Fにて、ライブインスタレーションを行います。劇中映像を担当しておりますので、パフォーマンス日にご来場いただければ幸いです。個人的にも、学生時代から憧れの存在でもある大木裕之さんとご一緒できる貴重な機会、何が起こるか冥想しながら月末よりイベントに突入です。

以下ご案内
_________________


 
たまたま15周年記念 featuring タマプロ ライブインスタレーション即興舞踊詩劇「マドレーヌ」

2017年9月29日(金)~10月8日(金)

東京都 KOGANEI ART SPOT シャトー2F

参加アーティスト:大木裕之、玉塚充、鷺山啓輔、永澤康太、山川英毅、久保仁志、増渕剛志

たまたま15周年記念 featuring タマプロ ライブインスタレーション即興舞踊詩劇「マドレーヌ」が9月29日から10月8日まで、東京・KOGANEI ART SPOT シャトー2Fにて開催される。

「マドレーヌ」は、映像作家・大木裕之と、ディレクター・玉塚充が主宰するタマプロのコラボレーション企画。同劇場の恒例イベント“たまたま”の15周年記念として、「マドレーヌ=マグダラのマリア」をキーワードに、ライブインスタレーション即興舞踊詩劇を繰り広げる。参加アーティストには大木、玉塚のほか映像作家の鷺山啓輔、詩人の永澤康太、ボーカリストでコンポーザーの山川英毅、映像作家・アーキビスト・研究者の久保仁志、彫刻家の増渕剛志が名を連ねている。

なおインスタレーションは会期中の12:00~18:00、ライブパフォーマンスは9月29・30日・10月1・7・8日に開催される。
(ステージナタリーより)http://natalie.mu/stage/gallery/show/news_id/246461/image_id/839377

「ハイブリッド映像論1.1」が南青山MANDARAにて開催!

Category : information 6月 27th, 2017

梅雨でジメッとしておりますが、雨上がりの空気と風景はいつもと気分を変えてくれますね。直近のご案内失礼致します。来る6月29日に、昨年好評をはくした映像祭が東京にて再上映されます。私は、キュレーターの吉田絵美さんと組んで意外とナラティブな短編映像を出品しています。会場で配布される作品に関するテキストも一新!何かが生まれる瞬間をお見逃しなく!ご来場お待ちしております。
 
ハイブリッド映像論1.1

14組のキュレータ&アーティストが生みだした至極の映像群

[日時]
2017年6月29日(木)
昼の部 14:00-(開場13:30)
夜の部 18:30-(開場18:00)

[会場] 南青山MANDALA(マップ)
(港区南青山3-2-2 MRビル1F)

[入場] ¥1,000 +1drink別オーダー

2017年6月29日(木)、Ongoing Collectiveは南青山の“MANDARA”を舞台に『ハイブリッド映像論1.1』を開催いたします。本企画は昨年秋に前橋において1夜限定で開催されたスペシャル映像祭で、今回は、都内でも開催してほしいという多くのリクエストに答える形で再上映が決定しました。Ongoing Collectiveは、2016年の夏に東京・吉祥寺にて結成された、現代美術作家、映像作家、画家、写真家、彫刻家、パフォーマー、ミュージシャン、キュレーター等、全46人からなるアーティスト集団。本企画では、コレクティブメンバーがキュレーターと映像作家にわかれてタッグを組み、新作映像作品を制作。当日は、全14本のハイブリッド=異種混合の映像作品を一挙公開します。アートと映像が出会って起きるハイブリッドな事件をぜひこの機会に目撃してください。

curator × Artist

阿部葉子 × 青木真莉子
飯川恭子 × 大木裕之
高橋佑基(from 多田佳那子推薦) × 多田佳那子
柴田祐輔 × 片山真妃
万代洋輔 × WY
伊佐治雄悟 × 山本篤
早川真奈 × 齋藤春佳
東方悠平 × 阪中隆文
吉田絵美 × 鷺山啓輔
高村瑞世 × 鈴木光
うらあやか × 千葉正也
弘川ゆきえ × 二藤建人
髙木花文 × 和田昌宏
秋葉大介 × 村田啓(from 秋葉大介推薦)
ジングル
滝川たきを a.k.a. 東野哲史

Event

17:00- プレシャスタイム第4回

昼の部の上映終了後、Ustreamにて配信
http://www.ustream.tv/channel/cMz6PXYbxBD
早川真奈と多田佳那子による、ラジオ放送。2016年から不定期で続いていて、密かにファンを獲得中。聞いてくれている方の生活のお供になれるよう、頑張ります。

21:30- ハイブリッドトーク 『映像のケミストリー』

ゲスト:佐塚真啓(国立奥多摩美術館館長)
和田昌宏(美術家)、鷺山啓輔(映像作家)
夜の部の上映終了後、特別イベントとして、現在、東京で最も勢いのあるアーティスト・コレクティブの一つ『国立奥多摩美術館』の館長である佐塚真啓氏をゲストに招き、スペシャルトークを開催します。Ongoing Collectiveからは、和田昌宏と鷺山啓輔が登壇。ハイブリッドで生まれる映像表現の可能性について探っていきます。