Keisuke Sagiyama Official Site

映像作家 鷺山啓輔の公式サイト



Sagi Tamaのサイトを正式にOPENしました。

Category : information, update 9月 13th, 2013

2013年春より、演劇、アートプロデューサー、詩人として活動されている玉塚充さんと『Sagi Tama』というアートユニットを結成し、制作活動をスタートさせました。第一段階は、ダンスに関わるショートフィルムを制作。9月13日(金)今夜は、吉祥寺Art Center Ongoingで、東京初の新作上映となります。

この機会に合わせて、『Sagi Tama Official Site』を正式にオープン致しましたこと、ご報告させてもらいます。制作で、コラボレートさせていただいたダンサー、クリエーター、関係者の方々へのリンクもありますので、ぜひご閲覧ください。これからも、ユニットでの活動にもご期待ください。

http://sagi-tama.sagiyama.com/

 
Sagi & Tama Official Site http://sagi-tama.sagiyama.com/
新作上映情報 http://ongoing.jp/ja/artcenter/gallery/index.php?itemid=282

Ongoing FESのOngoing 映像祭に、Sagi Tamaの新作を出品します。

Category : information 9月 9th, 2013

吉祥寺のArt Center Ongoingで、毎年恒例秋Ongoing FESが開催中です。9/13金曜日のプログラム「Ongoing映像祭」に、Sagi Tamaの新作『ALMOND』と『ISLAND』を出品します。この機会に、ぜひご鑑賞ください。19:00スタートで、料金はワンドリンクオーダーとなります。

almond_Still001
“ALMOND” Short Film 4min36sec HD 2013

以下ご案内
http://ongoing.jp/ja/
映像祭詳細

『Ongoing映像祭』

■9月13日(金)
参加作家:
有賀慎吾、小鷹拓郎、地主麻衣子、林千歩、東野哲史、山本篤、山本高之、にがウーロン、Sagi Tama、and more!!!

19:00スタート
料金:ワンドリンクオーダーをお願いします

Ongoing FESの詳細

すべてのイベントのチケットの予約は
http://www.ongoing.jp/ja/artcenter/gallery/index.php?itemid=282
からお願いします。

※売れ切れ間近のイベントもありますので、急いでチェックしてみてください!

『Ongoing FES』イベントスケジュール

■9月6日(金)
53235本当にsolo

■9月7日(土)
Makino Takashi Special Lecture/Screening 2013

■9月8日(日)
柴田聡子 Ongoing ソロライブ 2013!!

■9月13日(金)
Ongoing 映像祭

■9月14日(土)
Ongoing Autumn Special Live 2013
出演:タテタカコ、ヌルマユ永井

■9月15日(日)、16(月/祝)
実験ユニット 神村恵×手塚夏子
ダンス公演「半 魚 人 面 魚」

■9月20日(金)、21(土)
にがウーロンアワー ボンボ野暮ヤージュin吉祥寺

■9月22日(日)
つむぎねOngoing Special Live 2013

■9月23日(月/祝)
快快(FAIFAI) 新作「6畳間ソーキュート社会」直前パフォーマンス

■9月25日(水)〜28日(土)
Ongoing祭り

■9月29日(日)
演技、日曜日 演奏もしくは演劇あるいわ演料理、つまりはおいしいクッキーを食べながらお茶でも
演技:53235/GOmifumiKO(K’DLOKK)、植野隆司 (テニスコーツ)、捩子ぴじん、fil (菓子)、朝賀よる

イタリアのギャラリーの企画展で、Sagi Tamaの新作が展示上映されます。

Category : information 9月 6th, 2013

Primo Piano Living Gallery Exhibition

展示のご案内 「REGENERATION (a second skin)」に、現在私個人の制作と並行して、活動を共にする玉塚 充さんとのアートユニット「Sagi Tama」名義の作品を出品します。
9月8日から10月3日まで、イタリアにあるアートギャラリーPRIMO PIANO LIVINGGALLERYの企画展“REGENERATION / A SECOND SKIN”で、「ISLAND」と「Yosakoi Confidential」の2つの新作が展示上映されることになりました。どちらも、短編映像作品となります。ベネチアではなく、レッチェという南イタリアの街ではありますが、会期中もしイタリアを訪れられる方は、ぜひお立ち寄りください。

以下ご案内詳細となります。
____________

REGENERATION (a second skin)

September 08 – October 02 2013

OPENING PREVIEW SUNDAY september 08 at 20,00h
Curated by Dores Sacquegna

WHERE
Primo Piano LivinGallery
Viale G. Marconi 4 Lecce, Italy 73100
tel/fax: +39 0832.30 40 14
primopianopressrelease@gmail.com
http://primopianogallery.com

DAYS & HOURS
Monday to Friday from 11am-7:30pm
Saturday: 5-8pm

The concept on which start the exhibition “REGENERATION, a second skin” is the cultural ecology, that line of ethno-anthropological science research that investigates the relationship between the socio-cultural aspects of human groups and the environment in which they live, in close relationship with other disciplines such as ecology, human geography, biology, industrial archeology, economics, demography. The term cultural ecology was proposed for the first time by Julian Steward in 1955, in the text “Theory of Culture Change, The Methodology of multilinear Evolution”. Specifically, the exhibition is the exchange regenerative between art / man / nature / environment: the works generated purchase other life with immersion and on the staff in social work. Some artists like italian Giovanni Lamorgese, are represented by works re-produced, with the reuse of waste materials and objects 30s, initiating an innovative way between artist and work, space and audience, encouraging the creation of a work investee. The main focus of cultural ecology is formed by the process of adaptation to the environment of social groups based on conditions (see video of Gabriela Francone, “The tragico cotidiano”) from the constraints and limitations (Alessandro Passaro, and Gabriela Morawetz with works on silk “Almost in the dark “) by technology and production techniques, environmental changes induced directly or indirectly (by Batuhan Fuat Yuce and by Luigi Caiffa). Such disciplinary approach is therefore primarily related to the materialistic conceptions of culture, which is considered as the system of knowledge that enables man to relate in an active way with the environment in order to make it possible to reproduce bio-social. The backdrop to this conception of culture a vision of the social system, however, mitigated by the fact that the technological knowledge are also considered influential on socio-cultural solutions that will be produced by adaptation to the environment (with Keisuke Sagiyama & Mitsuru Tamatsuka in the video “Yosakoy “) and the problems of social identity and transformation (with videos of Katja A. Witt, Sofi Basseghi, Sije Kingma and paintings by Therese Bichon, Marcor, Christine Sajecki.). From the perspective of diachronic analyzes are carried out instead of the evolution over time of the ecological balance, supported by research etnoarcheologiche in the photographic works of Massimo Ruiu with “Derive” and painting by Maurizio Muscettola with ” the inconvenient witness.”

ARTISTS IN EXHIBITION

SOFI BASSEGHI (Australia), THÉRÈSE BICHON (France), LUIGI CAIFFA (Italy), GABRIELA FRANCONE (Argentina), SIJE KINGMA (The Netherlands), GIOVANNI LAMORGESE (Italy), MARCOR (France), GABRIELA MORAWETZ (France), MAURIZIO MUSCETTOLA (Italy), ALESSANDRO PASSARO (Italy), MASSIMO RUIU (Italy), KEISUKE SAGIYAMA & MITSURU TAMATSUKA (Japan), CHRISTINE SAJECKI (Usa), BATUHAN FUAT YUCE (Turckey), KATJA A. WITT(Germany).

作品動画を追加しました。

Category : update, works 9月 1st, 2013

作品関連の動画更新しました。
『明滅して刻画 Flickering memory bank』に展示収録動画を追加しました。
『水脈を探る Strike a vein of water』に展示収録動画を追加しました。
以上2作品となります。ぜひ、ご鑑賞ください。